PAGE TOP ▲

KSPの紹介

かながわサイエンスパーク
- 研究開発型企業が生まれ、育ち、集い&交流する拠点 -

かながわサイエンスパークは、都心から15km圏内という好アクセスの地に立地する、日本初の都市型サイエンスパークです。大企業や外資系企業の研究開発部門も数多く入居しており、館内人口は約5,300名(2014年5月1日現在)と日本最大級を誇ります。

様々な研究開発に対応可能なビル設備を持つ高度研究施設であり、しかも、会議室・多目的ホール・ギャラリーなどの交流施設、ホテル、レストランなどの生活支援、さらには試験計測・分析や知財支援などの研究支援機能も充実しています。

緑豊かな公開空地に囲まれた研究開発型ビジネスに最適なかながわサイエンスパークは、世界を視野に入れたイノベーションの発信拠点として、さらに推進してまいります。

所 在 地 神奈川県川崎市高津区坂戸3-2-1 アクセス
開  設 1989年7月
総 工 費 650億円
施設面積 敷地面積 55,362㎡、建物面積 146,336㎡
オーナー 株式会社ケイエスピー
飛島建設株式会社
日本生命保険相互会社
明治安田生命保険相互会社
三井住友信託銀行株式会社
関連企業 株式会社ケイエスピーコミュニティ
ケイエスピー熱供給株式会社
株式会社ホテルケイエスピー

詳細は、かながわサイエンスパークの Webサイトへ

会場アクセス

電車をご利用の場合

  • 最寄駅:東急田園都市線・大井町線 溝の口駅/JR南武線 武蔵溝ノ口駅
    • ・徒歩約15分
    • ・溝の口駅北口バスターミナル9番乗り場から、KSP行き無料シャトルバスにて約5分
    • ※平日の午前10時までは会員専用バスとして運行しますのでご利用できません。
    • [KSPシャトルバスご利用案内・時刻表]

お車をご利用の場合

  • 第三京浜道路:京浜川崎I.Cから約3分
  • 首都高速3号線:用賀I.Cから約15分
  • 東名高速道路:東名川崎I.Cから約25分

神奈川県の紹介

ようこそ神奈川県へ!

神奈川県は、政令指定都市3市(横浜・川崎・相模原)を抱える全国で唯一の都道府県であり、33の市町村で構成されています。

面積的には日本で5番目に小さい県でありながら、県民総生産はほぼ一国(スイスとほぼ同規模)に匹敵する経済規模を持つ地域です。世界最先端の技術を持つ優秀な企業が数多く集積し、多くの製品の製造拠点あるいは研究開発拠点となる、知識・技術集約型産業の一大集積地域を形成しています。また、神奈川県へ進出している外資系企業の数は400社を上回っており、国際的に開かれた産業拠点を展開しています。

企業などが活発な産業活動を展開する一方、富士箱根伊豆国立公園の一角をなしている箱根や湯河原の温泉地帯、丹沢の山岳地帯や4つの県立自然公園があり、豊かな自然環境に恵まれています。また、史跡名勝を有する「歴史の都」鎌倉の他、多くの史跡、リゾート地域など、文化的な観光資源にも恵まれた地域として知られています。

神奈川県のホームページは、コチラ
神奈川県の観光情報の詳細は、コチラ

川崎市の紹介

ようこそ川崎市へ!

川崎市は、神奈川県の北東部に位置し、交通アクセスに優れ生活環境に恵まれたまちです。

川崎市は、世界的企業や最先端の研究開発機関が集まり、先端技術・ものづくり技術が蓄積しているなど、多くのビジネスチャンスがあるまちです。

また、公害を克服する過程で培った環境技術を活かして、国際社会へ貢献しています。そして、日本有数の工場夜景や世界的な音楽ホール、ショッピングなど観光や文化の面においても多彩な魅力にあふれています。

人  口 1,461,043人
世 帯 数 687,843世帯
市の面積 144.35km²

(平成26年10月1日現在)

川崎市のホームページは、コチラ
川崎市の観光情報の詳細は、コチラ