PAGE TOP ▲

開催概要

会  期 2015年11月8日(日)~11日(水)
会  場 かながわサイエンスパーク(KSP)(神奈川県川崎市)
主  催 第19回アジアサイエンスパーク協会年次大会実行委員会
株式会社ケイエスピー
後  援 経済産業省/文部科学省/神奈川県/川崎市/川崎商工会議所/
神奈川県経営者協会/神奈川経済同友会/日本政策投資銀行/横浜銀行/
川崎信用金庫/湘南信用金庫/日本経済新聞社/日刊工業新聞社/神奈川新聞社/
NHK横浜放送局/tvk(テレビ神奈川)/イッツ・コミュニケーションズ

(順不同)

ごあいさつ

内田社長

グローバリゼーションの波が押し寄せるなか、経済・産業活動は国の枠組みを超えて営まれています。特に、アジアにおける経済・産業活動の発展は、スピーディであり、また広く拡大しています。そこで、さらに産業および経済振興を推し進めるためには、STPsの持続可能な発展が不可欠といえます。 そしてSTPsの持続可能な発展を実現するために、私たちは、アジアの多様性と人々の社会環境に配慮したASPAメンバー間のネットワークの重要性を認識する必要があるのではないでしょうか。
私たちの誰もが、家庭、職場、地域、伝統、文化、宗教や国家など、それぞれ異なる環境のもとに生まれ、生活しています。このような人々の社会環境における素晴らしい多様性こそが、多様な価値観を創出するのです。そして、この多様な価値観の相互作用は、個人の創造性や新しいアイディアや技術革新のための直観力を刺激するためになくてはならないものといえます。
この多様な人々の社会環境に配慮したネットワーク(=エコ・ネットワーク)を形成することは、STPsが、持続可能な発展のためのグローバルプラットフォームになるための要になるでしょう。
そこで、我々は、次のテーマを掲げて、日本における第19回2015年ASPA年次大会を推進していきます。


"STPs towards Global Platforms for
Sustainable Development by Diverse Human Eco-Networks
- Let's take off for future and create our prosperity!"

株式会社ケイエスピー
代表取締役社長
内田 裕久

「第19回アジアサイエンスパーク協会年次大会」実行委員会

顧  問

  • 黒岩 祐治神奈川県知事
  • 福田 紀彦川崎市長

名誉顧問

  • 久保 孝雄ASPA名誉会長

共同議長

  • 内田 裕久株式会社ケイエスピー 代表取締役社長
  • 山田 長満川崎商工会議所 会頭

委  員

  • 藤巻 均神奈川県産業労働局長
  • 蛯名 喜代作公益財団法人神奈川産業振興センター 理事長
  • 伊藤 和良川崎市経済労働局長
  • 小泉 幸洋川崎商工会議所 専務理事
  • 曽禰 純一郎公益財団法人川崎市産業振興財団 理事長
  • 馬来 義弘公益財団法人神奈川科学技術アカデミー 理事長
  • 常山 勝彦一般社団法人神奈川県情報サービス産業協会 会長
  • 神山 治貴一般社団法人神奈川ニュービジネス協議会 会長
  • 山田 勝己川崎市工業団体連合会 会長
  • 山田 長満公益財団法人川崎市国際交流協会 会長